Darling!

出会ったのは7年前の6月だった。
まだ免許をとったばかりだったので、マニュアル車を運転できるのか不安を抱えながら、どこまでも行けるような気がしてとても嬉しかったのを今でも覚えている。

それからはときに友達と、ときに一人で、突発的なドライブによく出かけた。
大学時代は深夜の草津や赤城山麓をはじめ、どこまでも18号線を行く旅とか、あえて迷子になる旅とか、色々な人と色々なことをやった。
卒業後は突拍子もなくどこかへ行くことは減ったが、私の自由気ままにどこまでも付き合ってもらった。

7年の間には色々なことがあった。
たくさんの人や物と出会って、別れて、再会したりしなかったり、いくつもの景色が目の前を通り過ぎ、何かしら影響を受けて、少しずつ今の私ができてきた。
その過程を、ずっと近くで見守ってくれた。
笑って泣いて、怒って悲しんで、歌ったり愚痴ったり。普段人には見せない深い内側の部分まで包み込んでくれるような気がして、心が落ち着いた。
自分の部屋や実家以上に居心地が良かった。

雪道から山道まで特に気も遣わずにガンガン入って、ときに燃料タンクをへこませたり、シャフトを微妙に曲げたり。申し訳ないことをたくさんして何度謝ったことか。
7万キロ前に出会って今が15万キロ代後半だから、その距離は地球2周分以上。
それだけ走れば色々あるよね、と寛大に許してくれることを願う…

最後は足回りの調子がいよいよ悪くなったので、納車まで約1週間代車に乗ることにした。
荷物を積みかえていよいよ本当に最後のお別れとなったとき、涙をこらえるのに必死だった。
自分の荷物が何もない車内は、いつかの引っ越しを思い出させた。
自動車店を出て代車を運転していたら、涙が溢れてきた。
「ありがとう」とともに、今までのあらゆる出来事がフラッシュバックして走馬燈のように流れていく。
ひと段落したとき、心は乾燥したスポンジみたいにスカスカだった。
たかが車一台で大げさかもしれないけれど、自分を構成していた大きな要素が欠けてしまった感じ。
いつの日か大好きだった人と別れた時に少し似ている。
今までいかに頼りにしてきたのかを思い知る。
「今の車に一生乗れるわけじゃないから」と、人は言う。それは事実で、来るべき時が来た。

そして納車の日。走ってみればとても軽快で、「子気味良い」とはこういうことなのだろう。
新車同様の車を自分の色に染められるので、とても楽しみだ。
足回りはどうしよう、タイヤは?ホイールは?ルーフラックを載せたいし、オーバーフェンダーもつけたい。貼りたいステッカーもある。
あそこをああしてこうしてコショコショ・・・妄想が膨らんでいく。
色々と手をいれたら、世界で一番可愛いくておしゃれな相棒になってくれそうだ。
だけどふとした拍子に、赤いハッチバックが思い出をのせて私の頭の中を走り抜けていくだろう。
そのときは懐かしい場所に行くもよし、お世話になった人に連絡するもよし、新しい車を手入れするもよし。
今と今に至るまでの流れや、人とのつながりを大切にできているかを自分に問いたい。

ファミリアはこれからもずっと、私にとって特別な車でありつづけるのだろう。

今まで本当に、どうもありがとう。

人生で1番最高だった冬の終わり

アバランチコントローラーとして迎えたはじめての冬が終わった。

12月下旬から3月末までのおよそ100日間、それは夢のようで、飛ぶように過ぎていった。

この冬は、学びの冬だった。

覚えなくてはいけないこと、学ばなくてはいけないことが山ほどたくさんあった。

スキーカットで雪崩を切ったり雪庇をおとす方法や、雪崩れやすい地形やコンディションに対する理解が必要だった。

スキーの技術に関してもそうだ。

来る日も来る日もスキーを履いて、出勤の日も休みの日も必死に滑った。スキーが上手くなければ仕事にならない。まさか人生でこんなにもスキーをすることになる日が来るなんて、思ってもみなかった。

続きを読む

25歳を振り返る■フリーターとしての門出■

気づいたら、26歳になっていた。

まるまる四半世紀も生きたのに、まだ何も成していない。

けれども、25歳は正社員をやめて自分のやりたいことに向かった転換の年だったと思う。

お金があまりたまらなかった理由と、何をやったのかを残しておきたい。

続きを読む

【白馬の酵母パン koubo-nikki】しっとりもっちり♪天然酵母のパン屋さん

美味しいパンを求めてやってきたのは「白馬の酵母パンkoubo-nikki」さん。

お店の前の看板には、「白馬の季節の恵みから酵母を起こしパンを焼いています。ライ麦パン、カンパーニュ、ドライフルーツのパン、チーズのパン、焼菓子(マフィン、スコーン)」とあり、どんなパンが並んでいるのかワクワクしながら店内へ。

お店の中はパンのいい香りに包まれており、種類豊富なパンが並んでいます。

店員さんにおすすめを訪ねてみたところ・・・

店員さん「ライ麦とかカンパーニュとかシンプルなのはどんな料理にも合いますし、この豆パンも食べやすいし、もしブルーチーズが好きならこのブルーチーズとくるみもおすすめ!」

とのことでした。

他にも、オランジェットのパン、くるみとレーズン、ドライチェリートマトとチーズのパン、チェダーチーズ・バトン、まいにち丸パン、ショコラ・ライ、レモンピール、4種の豆パン、食パンなどなど、たくさんの種類が。

どれを買おうか迷った挙句、今回は店員さんおすすめの「ブルーチーズとくるみ」、「シナモンジンジャー」、「クランベリーとくるみ」を購入。

車の中でつまみ食いしたい衝動にかられましたが、家までがまん!

写真はスライスしたところ。

一口食べた瞬間、口の中に素材の味がふんわりと広がり「おーいしーい♡」の一言が漏れます。

部屋に1人しかいなかったけど、美味しいものは美味しいんです(笑)

食感は、しっとりもっちり。そのままでももちろんですが、薄めにスライスしてトースターで2~3分焼くと、パンの香りが引き立って違った味わいが楽しめました。

今回購入した3種類はどれも美味しかったのですが、中でも一番好みだったのはシナモンジンジャー。シナモンの香りがするパンの中に、ショウガの砂糖漬けをスライスしたものが入っていて、ショウガ好きにはたまらない逸品でした。

スライスした後でも、このボリューム。

価格帯はハーフサイズで350円程度~のものが多く、普通のパンに比べると高めですが、美味しいパンをお腹いっぱい食べて満足したいなら絶対におすすめです。

店内にはイートインスペースもあります。

また、お店のインスタグラムでは焼き上がったパンの写真がUPされており、パン好きにとっては見ているだけで幸せになれます。


白馬の酵母パン koubo-nikki

〒399-9301

長野県北安曇郡白馬村大字北城3020-142

Tel:0261-72-4342

定休日:毎週水曜日(他臨時休業日あり)

オープン時間:9時30分~18時(売り切れ次第終了)

HP:白馬の酵母パン koubo-nikki

 

雪に埋められてー雪崩埋没訓練ー

雪の中に埋めてもらった。

ちょうど1人が入れる大きさに深さ70cmくらいの穴を掘って、その中にうつ伏せになる。

顔の前に空気穴を掘って横たわったら、上からどんどん雪が盛られて、踏み固められて、あたりは静かになった。

動けない、重い、暗い。

あぁ、雪崩に飲まれたらこんな感じなのかなぁ。

続きを読む

【山小屋生活やってました】下界の生活、ここがすごい!

無事に小屋じめを終え、下界に戻り、1ヶ月以上が過ぎました。いや、気づけば2ヶ月近くの時間が過ぎようとしている…

山の上に3カ月もいると、下界はものすごく未来の世界に感じられます。ようやく下界のすごさがデフォルトになりましたが、下りてきた当初は浦島太郎の気持ちが痛いほどによく分かりました。

特に今回は下山して選挙だと思ったら知らない政党がたくさんあってびっくりでした。

今回は、3カ月ですっかり山モードになった価値観で下界の暮らしを体験してどうだったか、ということを書きたいと思います。

続きを読む

【山小屋生活やってます】山小屋生活の終わり

久しぶりの更新になってしまいましたが、いままでワケが分からないくらい色々なことのあった山小屋生活も、あと数日で終わろうとしています。

小屋明けから今までを振り返ると、長かったのか、短かったのか、そもそもこの日々が一体何だったのか、よく分かりません。

そのくらい、ありとあらゆる種類の出来事がたくさんありました。

頑張りすぎて倒れた7月、小屋番が増えて楽になった8月、友達がたくさん来てくれた9月、そして、一気に寒くなった10月…

感想を一言で言うなら、「死ななくて良かった」かな。

続きを読む

【山小屋生活やってます】1ヶ月お風呂に入らないとこうなる。

先日のお話。

ついに、1ヶ月ぶりに下界におりてきました。

思えば上山したのが6月下旬。小屋開き、ヘリ荷揚げ、その他諸々、いろいろなことがあったわけですが、気づけば1ヶ月以上お風呂に入っていなかったわけです。

ドン引きしていただいて結構です。

うちの小屋、風呂ないんで。

大きい小屋なら従業員用のシャワーくらいあるらしいのですが、それもないんで(^_^;)

さて本題です。

1ヶ月お風呂に入らないとどうなるのか。

続きを読む

【山小屋生活やってます】歌っちゃいなYO!叫んじゃいなYO!

数日前、先代小屋番の姐さんが手伝い来てくれた。

辛いこと、大変なことが多いのをよーくわきまえて来てくれるので、非常にありがたい。

私がお世話になっている小屋は比較的小さいので、小屋が満員になった場合は冬期小屋で寝ている。

朝の準備を済ませて冬期小屋で寝ようとしていると、酔っ払った姐さんがやってきた。

姐「梅ちゃぁ〜ん、大丈夫〜?」

梅「大丈夫じゃないっす!」

姐「だよねだよね〜、どいつもこいつもしょうもねぇからなぁ〜、はっはっはっはっは!!いいよ、いろいろ吐き出しなよ!!」

続きを読む