船窪小屋をたずねて1 -七倉→船窪小屋-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

3連休目前の1週間、週末は久々のテント泊だというのに、仕事が手につかないほど緊張した。

今回の山行の目的は、船窪小屋を訪れること。

そして、来季小屋番として働かせてもらえないか、詳しいお話を伺うことだったからだ。

不安と期待の入り混じった気持ちを胸に、金曜日の深夜11時、自宅を出発した。

<1日目 七倉→船窪小屋>

目覚めたのは、朝7時だった。

どうやらまた今回も寝過ごしたようだ。

昨日まであれほど緊張していたのが嘘のように、車の中でぐっすり眠った。

登山届を提出し、靴紐を締め、帽子をかぶり、ザックを調整する。

ついにこの日がきた。

船窪小屋までのコースタイムは6時間。

大丈夫。13時40分には小屋にたどり着ける。

曇り空の下、私は歩きはじめた。


登山口

道端にはアジサイが咲き誇る。
アジサイ

少し歩くと、1/10の看板を発見。

140Mごとに高度を教えてくれるので、とても分かりやすい。

また少し登っていけば、2/10。

よくよく見ると、「はじめの急登終盤」の文字。

2/10

そうか、急登だったよな。

こんなとき、良くも悪くも自分が鈍感だということに気づく。

急登だろうが何だろうが、今回は達成しなければならない大目的がある。

それにしても、ガスってきたなぁ・・・

ときおり、風にあおられた木の葉から水滴が落ちてくる。

木の根やキノコを見ながら、前へ進んだ。

木の根

きのこ

可愛いらしい看板。

七倉の森看板

その先に、鼻突八丁のはじまりを告げる標識。

これから【鼻突八丁】

高度差約140mで鼻突八丁は終了。

お疲れさまって書いてくれている。

作ってくれた人の優しさだなぁ。

【鼻突八丁】お疲れさま
このあたりから少しずつ視界がひらけてくるが、あたりは真っ白。

こんなときは、もし晴れていたら何が見えるのかを考えて歩く。

勝手に「妄想登山」と呼んでいるけれど、とても捗る日だ。

そんなことをしながら歩いていると、何となく薄日が・・・

天狗の庭に出た瞬間、本当に一瞬だけ遠くまで視界が開けた。

烏帽子や槍穂を拝むことができた。

天狗の庭

こんな景色だったのか・・・

さらにお花畑を歩いていくと、雲の間から岩稜が顔を出した。

針ノ木、立山など

今回の2泊3日の山行が、このあと全部雨でもいいと思った。

自然が見せてくれる表情は本当に多様で、それを知ることは、この上ない幸せだ。

もう少しで目的地・・・

船窪小屋は、どんなところなんだろう。

どんな人がいるんだろう。

何て話せばいいんだろう。

一抹の不安と緊張を感じながらも、心は山に支配されていた。


小屋にたどり着くと、小屋番さんがお茶を出してくれた。

それからすぐに「山の上のお母さん」が表に出て、鐘を鳴らしてくれた。

船窪小屋といえば山の上のお母さん、というほど、多くの人に愛されているお方。

ついに、お目にかかることができた。

何だろう、この至福のひとときは。

テント場の受付を済ませたところで、意を決して訊ねてみた。

「突然すみません。来季ここで働かせていただきたいのですが、お話を聞かせてもらえませんか?」

「あら、気が早いね」

「どうぞ上がって、いろいろ聞いていってください」

突然の申し出にもかかわらず、小屋番さんとお母さんは快く招き入れてくれた。

お父さんと小屋番さんが、小屋のこと、仕事のことを、丁寧に教えてくれた。

突然お邪魔したのに、こんなに親切にしていただけるなんて・・・

小屋の皆さんの優しさが、とても嬉しかった。


テント場に到着したのは、14時30分頃だったと思う。

小屋に到着したのは12時10分だったから、相当長居をしてしまった。

小屋からテント場までは15分程度、テント場から水場までは5分ほどかかる。

少し早めの晩ごはんを済ませ、夕焼けを眺めた。

テント場の夕暮れ

寝る準備を終えて、シュラフにくるまりながら明日のことを考えた。

お天気は・・・晴れではなさそうだ。

まぁいいか。

ここにもう一泊することだけは決まっている。

明日のことは、起きた時間と、天気と、気分で決めよう。

選択肢は、

・どこへも行かずに読書

・船窪岳ピストン

・北葛岳ピストン

・蓮華岳ピストン

・船窪乗越を下り、針ノ木峠を登り、蓮華、北葛、七倉を回る1週コース

目覚めてすぐに動けるように、荷造りをした。

今日の出来事を夢のように感じながら、静かに目を閉じた。


2へつづく

うめこ

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す