忘れ物しない!テント泊の持ち物リスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏山シーズンが到来しましたね。

今年こそテント泊したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、何が必要なのか分からず、なかなか一歩が踏み出せないという方もいると思います。

この記事では山でテント泊をするときの持ち物を紹介していきます。

まずはテント泊で一般登山道を歩くための装備品リストを掲載します。

テント泊装備品リスト

チェック欄、重要度、重さを記入する欄を設けました。

各装備の重さを入力すると、一番下で集計されます。

エクセルで掲載しますので、よろしければ使いやすいように編集、印刷して活用してください。

ではでは、私のリュックの中身を紹介します。

うめこ装備品

左上から:テント、サコッシュ、ザックカバー、ヘッドランプ、シュラフ、エアマット、コッヘル、バーナー、ガス、水筒×2、救急セット、食料バッグ(トイレットペーパー入り)、ダウンパンツ、ダウンジャケット、本や電池や筆記用具類、紐、マルチツール、ハーモニカ、レインウェア、ザック

大体こんな感じです。あとは着替えですが、来ているものと替えが1組という感じです。言いたくないけど、何日山に入るにしても、結構ずっと同じ服を着ています。すれ違った人、臭かったらごめんなさい。あとは、日数によって食料が増減するイメージです。装備品も、必要に応じて持っていったり置いていったり。

我ながら、ウルトラライトではありませんが、荷物はシンプルな方だと思います。文字で書くと大量にあるように見えるけど、実際並べてみるとそうでもないです。

慣れるまではザックも重く感じますが、やっているうちに、まぁこんなもんだって思えるようにもなります。

さてさて、先ほどの装備リストの項目に「◎/〇/△」で重要度を付け加えてみました。

備考欄にはひとことコメントもあります。

参考にならないかもしれませんが、ご参参考に。

テン泊装備考

これはあくまでも私の個人的な見解ですので、装備品のチョイスや重要度の決定は皆さまで行ってくださいね。

それでは、忘れ物がないようにパッキングして、良い山行を!

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す