無職のお仕事-会社を辞めたあとに必要な手続き3つ-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無職になってみて、よーく分かったことがあります。それは、無職は決してヒマではない、ということです。

タイトルを見て、無職に仕事なんてあるんかいっ!と思ったあなた、無職って意外と忙しいんですよ。というか、考えることがたくさんあります。仕事をしていると考えなくてもいいことを、考えなくてはなりません。

さてそんなこんなで、今日は会社をやめたあとにすべき手続きの話をしたいと思います。社会の仕組みの中で生きていくって、大変だなぁとつくづく感じる今日このごろ。入社3年目前後で退職される方は参考になるかもしれません。

  1. 健康保険の手続き
  2. 国民年金の手続き
  3. 求職申込と雇用保険の手続き

1.健康保険の手続き

手続きに必要なもの:印鑑、健康保険離脱証明書または資格喪失証明など(退職時、会社からもらえます)、マイナンバーカードまたは通知カード

行先:市区町村の役場

病院にお世話になると必ず求められる保険証の提示、これは病院がどの健康保険に入っているのかを把握し、医療費の請求を行うためです。会社勤めの場合、各会社で加入している健康保険を利用するのが一般的ですが、自営業、個人事業主などの場合は、国民健康保険に加入する必要があります。

私も会社で加入している健康保険に加入していたのですが、いったん無職になりますので国民健康保険への加入が必要となります。

保険料は、会社勤めの場合は企業が半分負担、残りが自己負担となりますが、国民健康保険の場合は全額自己負担です。これが月々2万円ちょっと。いざ自分で支払おうと思うと、結構な負担となります。正確な支払い金額は、各市町村の「国保・年金課」に電話で問い合わせると、教えてもらうことができます。

さて、給与の額によっては、会社で加入している健康保険のほうが安い場合があります。(月々の基本給与25万円くらいがボーダーらしいです。)その場合、会社はやめても、会社の健康保険に加入し続けることができます(もちろん全額自己負担。最長2年まで)。メリットは、料金の安さや人間ドックを退職前と同条件で受けられる、扶養家族がいる場合は条件を満たせば保険証を追加できる、などです。

国民健康保険は、扶養という考え方ではなく、家族がいればその分だけ保険料を支払う必要があるようで、扶養家族が多い方にとっては任意継続したほうが圧倒的にお得ですね。独り身の私には、まだまだ無縁の話ですが。

なお、国民健康保険の額は、1月から12月までの給与を元に、翌年度の金額が算出されます。言葉だと分かりにくいですが、図にすると以下のようになります。

年度って、ややこしいですね。

なお、市区町村によっては保険料を1年分前納することで、1%程度の割引となるところもあるようです。詳細はお住まいの市町村にご確認ください。

2.国民年金の手続き

手続きに必要な物:印鑑、年金手帳、健康保険離脱証明書または資格喪失証明など(退職時、会社からもらえます)

行先:市区町村の役場

正直なところ、自分が歳をとったときに、支払った額と同額またはそれ以上の額が受給される保障があるのか疑問なので支払いたくはありません。何たって制度そのものが破綻しつつあるし、年金の受給年齢引き上げの可能性もあるし、世代間格差や不公平が否めないし・・・年金に関しては不信感が募るばかり。そもそも、年金もらえるまで生き延びられるかどうかも分からない。

だけど。

国民年金への加入については一応法律によって定められていので、ツベコベ言うのも考えるのもやめて割り切ることにします。国の仕事なので元本割れはないだろうと楽観視もできませんが、「日本という国の年金制度が、今と未来の若者にとって優しいシステムになる」という、きわめて勝率の低いギャンブルに大切なお金を賭けたいと思います・・・やれやれ。

市区町村にもよりますが、国民健康保険の手続きと同じ窓口で対応してもらえますので、健康保険の手続きの際にお問い合わせください。

さて、気になる国民年金保険料は、28年度は月々16260円、29年度は16490円です。これは所得に関わらず一律です。物価や賃金の変動に合わせて、年度ごとに金額は変更となります。

少しでも安くする方法はないかと思って調べていると、ありました。まとめて前納すると割引が適用されるそうです。2年前納、1年、6カ月など、期間も選べます。ちなみに2年前納の場合、2年間で15000円ほど割安となるようです。支払い期間は年度単位で定められています。例えば1年や2年で前納したい場合、4月から2年分となりますので、それまでは別の方法で納付することになります。6カ月前納の場合も、4~9月、10~翌3月という期間になります。また、申し込みの期間は2月末までですので注意が必要です。安くする方法、支払額、納付方法など、詳しくは日本年金機構のHPをご覧ください。

無職の私は、お金があるうちに2年前納でクレジットカードで支払おうと思います。なぜかというと、カードでポイントを貯めたいからです。この場合に付与されるポイントをざっくり計算すると、仮に月(16490円×24カ月-15000円(割引))×0.01(カードのポイント還元率)=3807.6円分のポイントとなり、少しお得に支払いができます。大体1万8~9千円安くなる計算です。一度に38万円ほどの諭吉放出は愛車を購入したときに次ぐ額ですが、事業主でもないし、払ってしまったほうが気持ちと心に余裕が生まれるので、2年分まとめて納付しようと思います。

この2年振替、年金機構の窓口で確認したところ、口座振替のほうが若干ではありますが割引額が大きいようです。ポイント還元率が低い、もしくはポイントのつかないカードをお持ちの場合は、口座振替にしたほうがお得です。

3.求職申込と雇用保険の手続き

持ち物:雇用保険被保険者離職票1・離職票2(会社をやめると発行してもらえます、少々時間がかかる場合もあります)、印鑑、マイナンバーカード、身分証明書(免許証など)、顔写真2枚(縦3cm×横2.5)、普通預金通帳

行先:ハローワーク

会社を辞めて離職票が手元に届いたら、すぐにハローワークへ。

次の就職先が決まっていない状態で初めてハローワークに行くと、2つの手続きをすることになります。

  1. 求職申込手続き
  2. 雇用保険受給の手続き

ハローワークの窓口に行って「初めて来たのですが・・・」と言うと、2枚の用紙に記入するように指示があります。

1枚は求職申込書です。これは、基本的な個人情報と、自分が今までどのような仕事をしてきたか、今後どのような仕事をしたいか、その他仕事において重視する点、学歴、免許や資格などについて記入するものです。この用紙をもとに、就職相談をしてもらうことができます。再就職のために必要な手続きです。

そして、もう1枚が雇用保険受給に関する書類です。これは10ほどの設問があり、現状に当てはまるものに丸をつけていくものです。こちらは、雇用保険の受給資格があるのかどうかを確認するための手続きです。

初日は2つの窓口で手続きをして、終了となります。そして、2回目に来る日時を指定されます。この2回目というのは、雇用保険受給についての説明会です。そこで、雇用保険やハローワークの使い方など諸々の説明を受け、終了です。そこで、また次回ハローワークへ行く日時を指定されます。

ハローワークへ行ってみて、よっぽどのことがない限り、食いっぱぐれることはなさそうだと感じました。ちゃんとやってればね。あと、あんまり仕事をえり好みしなければ。ハローワークの職員の方は熱心に相談に乗ってくださるし、再就職に向けてセミナーや職業訓練の斡旋もあります。しかも実費の負担はかなり少ない。何だかんだ言って日本はすごい国なのかもしれない。まぁ、国民に働いてもらわないと国家も成り立たないから、力入れるのは当然なのかもしれないけれど。

というわけで、以上無職になったらやらなきゃいけない手続き3つでした。

 

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。