【山小屋生活やってます】日本アルプスの片隅で愛を叫ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日は、去年小屋番をしていた方が手伝いに来てくれて朝の支度をしてくれたため、 近くの山まで散歩してきた。

お天気は良く、小さなアップダウンを繰り返すこと1時間ほど、目的地に到着した。

そして目前に迫る大好きな山に向かって、「愛してるよー!!!」と全力で叫んだ

また、会いたい人の名前を叫んで、「早く登ってこーい!」とか、「待ってるよー!」とか、とにかく色々叫んだ。

それから、おにぎりと歩荷してもらった納豆をいただき、のんびりと山並みを眺めていた。

行きはまだ良かったのだが、帰りは歩きながら、体力ないなーとか しんどいなぁとか、最近あった嫌なこととか クライミングしたいなとか、どうでもいいことをたくさん考えていた。

せっかく山にいて、山を歩いているのに、全然スッキリしない。

なんで山が好きだったんだっけ?

もう、何もわからなくなって、とにかくブツブツ言いながら歩いた。

思ったことは全部口に出した。

そうしたら、いい意味で、全部どうでも良くなった。

人間てなんて小さいんだろう。

どうやら私は、余裕をなくしていたらしい。いつの間にか、傲慢になっていた。。

登ってるんだから苦しいのが当たり前なんだいうことさえ忘れていた。

そして、その辺に咲く花を見て、久しぶりに土に還りたいという気持ちを思い出した。

死んでしまったらどうなるのかは分からないけれど、植物も、昆虫たちも、動物たちも、みな土に還る。そしてその土から、美しい花が咲くんだ。

本来は人間も一緒。

あらゆる生命体と同じように、朽ちてなくなっていく。そしたら悩みも何もかも全て消えて、大地の一部になる。

あぁ、ちっちぇえわ。人間てちっちぇえ。

なんでこんなに悶々としてるんだろう。

もうちっちぇえんだから、どうでもいいわ、どうでもいい!!

そうして、小屋に戻る頃には、あらゆるどろどろが浄化されて、完全にスッキリしていたのだった。

やっぱり山は偉大だった。

散歩の機会をくれた去年の小屋番に、改めて感謝したい。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。