初滑り@札幌国際スキー場

Blog
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11月23日、今季の初すべりは札幌国際スキー場に行ってきた。

今回は帰省したら北海道の雪を滑りたい!!と思って必要なものは全部持ってきた。

出身は北海道でも、札幌国際を滑るのは小さな子供のとき以来。

スキーができるワクワクもあるし、板とブーツを新調したので、ますます楽しみだった。

ちなみにブーツは¥50,000、板は中古で¥13,000。

山小屋のお給料の半分を現ナマでもらってそのまま山道具屋さんに行った結果、散財してしまった。

こうなることはもちろん分かっていたけれど、山道具屋に行ってしまった・・・

さて、ゲレンデの話。

乾いた軽い雪が30~40cm積もっていて、午前中は雪/曇りだったため11時前までパウダーが滑れた。

モフモフじゃなく、風に叩かれてもいない、まさしくサラサラのパウダー。

いつも滑っている白馬の雪は、みんなパウダーパウダーって喜んで滑ってるけど「えせパウダー」なんだな。

白馬には申し訳ないけど、そう思ってしまうくらい良い雪だった。

札幌国際スキー場は札幌駅から車で2時間弱くらいで行けるスキー場。

HPはこちら https://www.sapporo-kokusai.jp/

ゴンドラ2本、クワッドリフト2本、ペアリフト1本。山麓にカフェとレストラン、山頂にカフェがある、まぁまぁ大きな規模だ。

午後からは晴れて1,100mの山頂からは小樽の海岸線が見えた。

雪も景色も最高だった。

ときおり「虹と雪のバラード」が流れてきたので、なおさら良かった。

白馬にもいろいろスキー場はあるけれど、やはり北海道はメッカなんだね。

初すべりを終えて・・・そもそもスキーがちゃんと滑れるということが分かったし(笑)、板もブーツも体に合っているということも分かって一安心。

そしてサラサラの雪を体感して、雪の奥深さをひしひしと感じた一日だった。

今シーズンはどんな雪に会えるかな、ワクワク。

 

余談

楽しんだ分だけ筋肉痛も半端ありません・・・