なりたい自分に近づきたい

Feel/Think

誕生日を迎え、27歳になった。
節目のときは、今年の目標は?どんな年にしたい?と聞かれることが多いので、ちょっと考えてみた。

実を言うと、大きな目標や絶対にこれをやりたい!といった強いモノはない。
だけど、「何でもできる!何でもなれる!」(最近元気をもらった某アニメのキャッチコピー)の精神を大切に、理想の自分に毎日少しずつでも近づきたい。
もっとスキーが上手くなりたいし、もっと思いやりのある人間になりたい。
変わりたいなら、努力するのは当たり前。
その当たり前を、当たり前にできるようになりたい。
ものすごく地味だけど、毎日やるべきことをやって、昨日の自分を超えていくこと、昨日よりも少しだけ何かができるようになったり、気付きがあったり、そんな「ちょっとしたこと」がすごく尊いと最近気づいた。
特にスキーに関して、今は毎日小さな1歩があり、とても大切なものを積み重ねている。
ただただ尊い、かけがえのない日々だ。
こんな感じで、1年間ずっと過ごせたら本当に最高。
スキー以外にもやりたいこと、できるようになりたいことは色々とあるので、同じように向き合っていけたらいいと思う。
ただひとつポイントがあって、私は何かを頑張ろうと意気込むと疲れたときの「抜け」が大きく、気づかないうちに頑張りすぎてエネルギーを使い果たし、そのあと頑張れなくなってしまう。
だから、頑張ろう!!と思ってやってはいけない。
何をするにも当たり前のように、決して張り切らずに、「淡々と」。
淡々としているんだけれども、それが結果的に日々の暮らしや自分自身をよりよいものにしていくための最短ルートだと思う。
実際に、今シーズンもまた毎日のようにスキーを履いて、淡々と練習をしている。決して派手ではないけれど満足して眠りにつける。

毎日が輝いている。

淡々とキラキラとは矛盾しているかもしれないし、実際に正反対かもしれないけれど、その2つはとても近いところに隣り合って存在している。

より良く生きること、なりたい自分に近づくことを目標に、27歳の1年を過ごしていきたい。