酵母日記日記4

Blog

3月10日(日)

今日はとてもいい日だった。

休みで滑っていた先輩にたまたま会い、急遽一緒に山に行くことになり、先輩が握ったおむすびと味噌汁を頂いた。

お茶をしようと思っていた私は、たまたま大切に残しておいた頂き物のバウムクーヘンとコーヒーセットを持っていた。

すごく色々な偶然が重なって、先輩と山でお昼とお茶をしたのだった。

なんて素敵な日曜日。

そんなことはさておき、今日はスキー板の納品日で、板を取りに行く足は酵母日記にも向かってゆく。

日曜日の夕方なので、もしかしたら売り切れて閉まってるかなぁ…と思いつつ行くと、明かりがついているのが見えてほっとした。

ライ麦のパンと、雑穀カンパーニュと、抹茶大納言…今日はライ麦のパンにした。

3月11日(月)

新しい板の乗り心地を味わうべく、早起きして少し遠くのスキー場に向かう。

いつものスキー場だと、知ってる人が多すぎて思いっきり滑るのに抵抗があるから笑

かばんにスキー道具とパンを詰めて出発。

途中、朝ごはんにパンを食べる。

とてもシンプルなハード系のパン。

ライ麦の香りや風味ってあんまりピンとこないけど、きっとこれがそうなんだろうなぁと思いつつよーく味わう。

スキー場に到着、新しい板はセミファットなのでパウダー滑りたいな…と思っていたら、神様はパウダースノーをくれました。

神「さあ、これで新しい板の乗り心地を味わいなさい」

梅(歓喜…!!)

久しぶりのふわふわもふもふ。

もう今シーズンはザラメしか滑れない気持ちでいたので、嬉しくて楽しくて、スキーの神様に心からありがとう!!!

3月12日(火)

仕事。

朝、降雪板の雪を払おうと掘り返したら、底に水分を多く含んだ濡れた雪が載っていた。

降雪板はときに多くを物語る。

詰め所に戻って、朝ごはん。

今日は甘酒と。

以前、カンパーニュを食べたときにも感じたけれど、酵母日記のシンプルなパンは甘酒との相性が抜群だ。

どちらも発酵しているからかな。

パンと甘酒から始まった1日は、何事もなく平和に過ぎていった。